記事詳細

【検証55歳からの性 セックス健康法】下半身の痛みが3カ月以上続くときは要注意 「慢性非細菌性前立腺炎」、EDや性欲低下の原因にも (1/2ページ)

 成人男性の有病率10%前後といわれる「前立腺炎」の種類の中で、最も多い「慢性非細菌性前立腺炎」。EDや性欲低下の原因にもなる上に、治療しても長引いて治りにくい。下半身の痛みや不快感には注意しよう。

 検査しても細菌感染が確認できない慢性前立腺炎が「慢性非細菌性前立腺炎」と診断される。また「前立腺痛」や「慢性骨盤内疼痛(とうつう)症候群」などとも呼ばれている。では、何が原因で起こるのか。「ルネスクリニック」(東京・八重洲)の平野敦之院長(日本泌尿器科学会専門医)が説明する。

 「ハッキリした原因は分かっていません。ただ、骨盤内の鬱血や血流低下、ストレスなどが複雑にからみあって症状が現れている可能性があると考えられています」

 そのため長時間のデスクワークや自動車、バイク、自転車を長時間運転するような人は要注意という。症状は、細菌性の慢性前立腺炎とあまり違いはない。頻尿、残尿感、排尿時痛などの排尿障害。ペニス、睾丸、股間、肛門周囲、太もも、下腹部などに痛みや不快感が現れる。

 「これら骨盤周辺を中心とした多彩な症状が3カ月以上持続するのが特徴です。また慢性非細菌性前立腺炎では、腰痛、背部痛、足裏のシビレや痛み、射精時の痛み、血尿などの症状も加わる場合があります」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう