記事詳細

【気になるこの症状】尿が濃くなる夏、急激に大きくなりやすい「尿路結石」 1日2リットル以上の飲水で排尿量を増やそう (2/2ページ)

 【小さければ自然排石】

 治療は、結石の長径が10ミリ未満であれば排石を促進させる内服薬を飲みながら1カ月ほど自然排石を待つ。5ミリ未満なら約50%の確率で自然排石するという。

 「その間、腹部の痛みは消炎鎮痛薬の内服や坐薬を使って対応します。ただし、10ミリ未満でも痛みのコントロールができない、水腎症の程度が悪い、結石の下降が遅いなどの場合には、自然排石を待たずに結石の除去治療を検討します」

 除去治療は、体外から衝撃波を当てて結石を砕く「ESWL」、もしくは尿道から内視鏡を入れてレーザーで砕く方法で行われる。ESWLは麻酔・入院が不要だが、内視鏡治療の方が確実に除去できるという。ただし、再発率は5年で45%と高いので生活習慣の改善が大切になる。

 「痛みがなくても人間ドックなどで結石を指摘されたら、泌尿器科専門医に診てもらった方がいい。放置すると腎臓を悪くする場合があります」

 《尿路結石の症状》

 ★背中から脇腹を通り、下腹部にかけて激しい痛みが帯状に移動する(鈍痛のこともある)

 ★血尿(尿が赤っぽい)

 ★吐き気、おう吐

 ★冷や汗

 ★発熱することもある

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース