記事詳細

【ベストセラー健康法】不定愁訴に悩む患者を救う究極の改善法 「全身を整える3秒エクササイズ」 (1/2ページ)

 肩こり、首こり、腰痛、頭痛…。現代人の大半が共通して持つ悩みの根源は、「首の姿勢」にあった。さまざまな不定愁訴に悩む患者約5万人を救ってきた「首」の専門医が示す、究極の改善法とは-。

 神奈川県相模原市にある「16号整形外科」院長の山田朱織医師。玄関マットとバスタオルを使った「自分の体に合った枕の作り方」を指南する「枕外来」の医師として、テレビや雑誌などにたびたび登場する。その“首のスペシャリスト”の最新刊が、「首姿勢を変えると痛みが消える」(フォレスト出版刊)だ。

 オビに「病は首から!」の文字が躍る通りに、現代人を悩ます不定愁訴の原因が「首の姿勢」にあると述べる。冒頭に挙げた症状のほかにも、むくみやイライラ、不眠や鬱症状などの、カンタン解消法を紹介する1冊だ。

 まずは、別掲の症状を見てほしい。このうち3つに該当すれば、首姿勢の悪さに原因を求める必要があると著者。3つどころか5つでも8つでも該当するお父さんはゴロゴロいる。

 そこで、本書冒頭の「全身を整える3秒エクササイズ」だ。

 足を肩幅にして立ち、軽く顎を引いて目線はやや下げる。そのまま胸をグッと前に張り出す。これを1秒間続けたら、次に右手の親指と中指で「鎖骨の下」を押さえる。そのまま胸の皮膚と筋肉を軽く下へ押し下げて、さらに1秒間。最後におなかを引っ込めてお尻の穴を締めるようにして1秒間。計3秒間のエクササイズで、体の中心に1本の軸が通り、全身が整うのだ。

 この基本エクササイズを日々の仕事の合間や、駅で電車を待つ時に意識するだけでも、丸まっていた背中がすっと伸び、首の姿勢が改善する。

 著者によると、一度感覚をつかむと、よい姿勢を再現できるようになるという。猫背のお父さんなどは、1日に何度でも、この「3秒エクササイズ」を実践すべきだろう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう