記事詳細

【PNN】“ドラムチック”な海がメーン表示に新登場!激アツ演出の魚群もしっかり搭載した「CR(A)ドラム海物語」

★「CR(A)ドラム海物語」(サンスリー)

 海物語シリーズの新たな挑戦が始まろうとしている。「CR(A)ドラム海物語」(サンスリー)は、1999年から続く海物語の歴史の中で初めてメーン表示部分にドラムを採用した。パチンコの激アツ演出の代名詞「魚群」もしっかりと搭載し、海らしさは損なわれていない。遊びやすい甘デジタイプ&ライトミドルタイプの2スペックで、今週から設置が始まっている。

 アナ 今年の夏は海に行きましたか。

 解説委員 今年どころかもう数年ご無沙汰だ。最近は若者も“海離れ”していて、ナイトプールなるものが人気らしいな。

 アナ SNSにアップするイベントとしてちょうどいいんですよね。日焼けしたくないし。

 解説委員 スイカも割らない、砂で城も作らない、クラゲにも刺されない。もう俺が思い描く夏の海とは別物だな。

 アナ プールですからね。そもそも海じゃないですから(笑)。

 解説委員 でもCRドラム海物語は海だぞ。

 アナ なにが「でも」なのかわかりませんが、名前的にまちがいなく海物語シリーズの仲間ですよね。

 解説委員 海物語シリーズとしては18年、前身機のギンギラパラダイスから数えると22年の歴史を持つシリーズだが、ドラム機は初めてなんだ。

 アナ 意外ですね。

 解説委員 CRプレミアム海物語という機種では液晶画面の横に2層ドラムがついていたけど、メーンの表示がドラムというのは今までなかった。海物語といえば図柄の「横スクロール」を定着させた機種でもあるから、ドラムも横スクロールだったらさらに画期的だったんだけどな。

 アナ 一度にそこまで求めなくても(笑)。ドラムだと魚群がどうなってるのかが気になるところです。上から下に魚が泳ぐというのもなんだか違和感がありますし。

 解説委員 魚群はいつもと変わらずに右から左に流れるぞ。通常のイルミ魚群もいいが、一度は見てほしいのがスペシャル魚群の美しさだ。保留を8個ためると突入するチャンスだから、ぜひトライしてみてほしいね。

 アナ 私がもうひとつ気になったのは、サメとカニが図柄から消えたこと。特にサメは確変ストッパーとして嫌われつつも、やっぱり海物語には欠かせないキャラだと思っていたので…。

 解説委員 「4」ではなくなったが、真ん中のリールではカメとエビの間にしっかり存在するよ。しかも今回はアツい役割を担っているから、プレーヤーを喜ばせてくれる存在になるだろう。カニもどこかにいるから探してみてほしいね(笑)。

 アナ 従来の海物語ファンもそうでない人も楽しめそうですね。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴
 ライトミドル、甘デジの両スペックともに大当たり後は必ず確変(ST)に突入&ST後には時短がつくタイプ。ライトミドルは10Rと15Rが全大当たりの61%を占めるため、爆発力も備えている。甘デジは15Rが8%あり、ST+時短の回転数が最低でも40回転なので、安定して遊びやすいスペックといえる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう