記事詳細

【大人のお取り寄せ】世界にも通用する究極のお土産にノミネートされた一品「ままかり寿司」(岡山)

 岡山県北部(作州)は海のない地域。その風土が生み出したのが作州名物・サバ寿司などの押し寿司の食文化。津山市で創業四十余年の押し寿司専門店・美園では、瀬戸内ならではの「ままかり寿司」という品が人気だ。

 ままかりとは瀬戸内でとれるサッパというニシン科の小魚で、この酢漬けが隣から飯を借りるほどおいしいことから“ままかり”の異名がついた。そんな新鮮なままかりと、地元産の米数種類を最適ブレンドした酢飯を用い、秘伝の合わせ酢で仕上げた美園のままかり寿司は、観光庁主催『世界にも通用する究極のお土産』にノミネートされた一品。

 食べるとあっさりとしているのに噛むほどに酢の香りとうま味が広がる。酢飯に仕込まれた生ショウガと甘酢のきいたガリも絶妙のアクセントだ。

 「切れているので、届いたらそのまま食べられます」(同店)

 1本1360円(税込み)。送料別。

 【問い合わせ】押し寿司専門店 美園 (電)0868・57・3939

 岡山県津山市里公文1673の5

 http://www.misono3939.com

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう