記事詳細

【超かんたん!図解で認知症予防】人間関係と共感 脳には「以心伝心」などの機能が先天的に備わっている

 孤独は健康に悪影響を与え認知症リスクを高めることが分かってきています。孤独に陥らず、良好な人間関係を築くうえで大切なのが脳に備わっている「共感」という働きです。例えば次のような機能が脳には先天的に備わっています。

 ■うつる・つられる

 人のあくびがうつる、相手のほほえみに思わずつられる「ほほえみ返し」などは、誰しも経験があるだろう。

 ■伝わる

 赤ちゃんをだっこして笑顔で語りかけるお母さんを見ると、見ている人の脳の中でもお母さんの脳の中と同じ部位が活性化されている。

 ■以心伝心

 考えていることや感じていることが言葉を使わなくても互いにわかる「以心伝心」「あうんの呼吸」。そのメカニズムは脳科学的にも明らかになってきた。

 ■監修・朝田隆 1955年生まれ。メモリークリニックお茶の水院長、東京医科歯科大学医学部特任教授、医学博士。数々の認知症実態調査に関わり、軽度認知障害(MCI)のうちに予防を始めることを強く推奨、デイケアプログラムの実施など第一線で活躍中。『効く!「脳トレ」ブック』(三笠書房)など編著書多数。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう