記事詳細

【気になるこの症状】柔道やレスリングで毛に感染、ヒアリより怖い「トンズランス菌」  (2/2ページ)

 【抗真菌薬で退治】

 柔道やレスリングをやっている、もしくは家族や身近な人にやっている人がいて感染の疑いがあれば、そのことを皮膚科医師にきちんと伝えることが重要になる。治療は通常の水虫(白癬)治療と同じで、抗真菌薬の外用や内服を使う。皮膚症状は市販の外用薬でもいいという。

 「皮膚症状の軽症であれば外用薬で治りますが、進行したものや頭髪部に症状がある場合には爪水虫で処方する内服薬でないと退治できません」

 キャリアは抗真菌シャンプーで駆除できる可能性はあるが、本人の多くは気づいていない。

 「トンズランス菌は、皮膚のすり傷や毛が触れ合うことで感染しやすいが、タオルの共有でも感染の可能性があります。とにかく家族や周囲の人の柔道やレスリングなどの競技の有無が疑う一番のポイントになります」=おわり

 《トンズランス菌の症状》
 ★頭髪部…感染した一部分の毛が根元で折れ、残った毛が黒い点々に見える。悪化すると赤くはれて盛り上がり、うみをもつ
 ★体の皮膚…赤く盛り上がった皮疹が輪のように広がる。皮膚がフケのように薄くむけ、かゆみがある

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース