記事詳細

VR体験も!食×アートの新感覚レストラン「TREE by NAKED」旗艦店 (1/3ページ)

 7月28日、東京・代々木公園最寄りの路面ビルに、食とアートが融合する体験型レストラン「TREE by NAKED yoyogi park」がオープンした。アーティストの村松亮太郎さんが率いるクリエイティブ集団「NAKED」が手がけたレストランで、VRやプロジェクションマッピング、照明、音楽、美術造作などを駆使した新感覚の食体験を楽しむことができるという。どのようなレストランなのか、その一部を紹介しよう。

 ■「LIFE」がテーマの物語に沿って料理を楽しむ

 「TREE by NAKED yoyogi park」があるのは、東京メトロ「代々木公園駅」から徒歩2分ほどの場所。建物は地下1階から地上2階までの全3フロアで、いずれのフロアも映像や照明、音楽などで空間全体が幻想的に演出されている。客はこれらのフロアを移動しながら、ストーリーに沿った体験や料理を楽しむことが可能。ちなみに店舗は1日2部の完全入れ替え制(各部8名限定、ディナーコースのみ)となるので、訪れたい日がある場合は早めに予約を入れた方がよさそうだ。

 お店のエントランスは1階にあり、そこで体験前のひと時を過ごしたあと、地下の個室に案内されて食前酒が供される。部屋には朽ちた流木が置かれており、「LIFE」をテーマにした物語「Scenes of Life」に沿ってそこから芽が出て成長し、花を咲かせて実をつける様子がプロジェクションマッピングで映し出されていく。その映像はエレガントで美しく、この先に待ち受ける体験&料理への期待が膨らんでいく。

 続いて、メインスペースに移動。こちらの部屋には円卓が設置されており、客はそれを囲んで前菜からメイン料理までを堪能することになる。四方の壁や卓上には料理に合わせた映像が投影され、まるで海中や霧の中にいるかのような雰囲気で料理を楽しむことが可能だ。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース