記事詳細

【今坂佳美 がんに打ち克つレシピ】体を温め免疫力アップ「じゃがいものかき卵養生スープ」 夏バテ、夏風邪で体調崩したときにも○

 あっという間に子供たちの夏休みが終わり、新学期が始まりました。

 でも、まだまだ残暑が厳しい日もありそうですよね。先日、ママ友から「子供が夏バテで食欲がないから何か元気が出る料理を」と相談がありました。

 今回は、その時に考案したじゃがいもの養生スープを紹介します。

 じゃがいもといえば、主食としている国もあるほど世界中で愛されている栄養価のあるメジャーな根菜。主成分はデンプンですが、ビタミンCとカリウムが豊富に含まれてます。特に強力な抗酸化作用を持つビタミンCは、キウイにもひけをとらないほど。「じゃがいもを毎日1個食べるとがん予防になる」と言われる理由がわかりますね。

 この養生スープにはじゃがいものほかにも、卵、ねぎ、しょうが、にんにくといった、体を温め、免疫力を高める食材がたっぷり入っています。季節の変わり目に夏風邪などで体調を崩してしまったときにもぜひ試してみてください。

 【材料】2人分
 じゃがいも 2個
 にんにく 2片
 しょうが 5g
 ねぎ 2本
 鶏がら顆粒(かりゅう) 小さじ2
 水 500cc
 卵 2個
 ごま 小さじ1/2

 【作り方】
 1じゃがいもは1cm角にきり、にんにくは薄切り、ねぎは輪切り、しょうがはすりおろす。
 2鍋に1と水、鶏がら顆粒を入れて火にかけ、沸騰したら弱火15分煮る。
 3溶き卵をかけ、器に盛り、ごまをかける。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう