記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「会」》43歳超は月18万円-「夜の世界白書」に見る性風俗収入実態 (1/2ページ)

 一般社団法人「GrowAsPeople」(GAP)の公表した調査報告書「夜の世界白書」が、性風俗業界で働く女性たちの“リアル”に迫っている。女性たちは10代後半~20代前半で月平均80万円以上を手にするが、収入は年齢が高くなるほどに減少。多くの人が将来に不安を抱えながらも、現状を変えられずにいるという。

 GAPは性風俗業界で働く女性たちのセカンドキャリア支援に取り組む団体。調査は2015年度に実施、無店舗型風俗店(デリバリーヘルス)などで働く377人から有効回答を得たという。

 それによれば、性風俗店で働き始めた動機(複数回答)は「生活費」が96件と最多。全体の平均月収は43万995円で、年代別トップは18~22歳の81万9200円。収入は年齢が上がるほど減少していくという状況で、43歳以上は18万2000円と最も少なかった。

 一方、自分の仕事については「誰にも知られたくない」と考える人が最多(全体で201件)となり、女性たちが孤立しがちな環境に置かれている様子も明らかに。仕事を続ける理由は「生活費(のため)」(同161件)が最も多く、次いで「なんとなく」(同68件)が続いた。

 GAPが注目するのはこの「なんとなく」仕事を続ける女性たちの存在だ。彼女たちは軌道修正の方法が分からず漂流するケースが多いといい、抱える内情は深刻だ。

 関東に暮らす20代女性も、そんな悩みを抱き続けた1人だった。女性が本格的に性風俗業界で働き始めたのは23歳の頃。知人男性から「店を出すから働かない?」と誘いを受け、「将来の資金がたまるなら」などと軽い気持ちで引き受けた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース