記事詳細

【超かんたん!図解で認知症予防】共感能力に関わる神経細胞「ミラーニューロン」

 言葉を使わなくても伝わる「以心伝心」。古くから言われる、その共感能力に関わっているのが「ミラーニューロン」という神経細胞であることが近年の脳科学研究から明らかになってきました。

 ヒトが生きていく上で人間関係は基本です。だから、それを支えるミラーニューロンを活性化することは「元気脳」に不可欠です。

 ■(1)鏡像反応(鏡像認知)

 他人の行動を見て、まるで自身のことのように「鏡の像」の反応をすることから名付けられた「鏡像反応」という現象がある。この反応に関わっているのが「ミラーニューロン」だ。

 ■(2)自分でも他人でも

 ミラーニューロンは、他人の行動を見ているときはもちろん、自ら行動するときにも活性化する。

 ■(3)前頭前野と下頭頂葉

 人の脳に存在する「ミラーニューロン」は、前頭葉の前運動野と下頭頂葉でその活動が観測されている。

 ■監修・朝田隆 1955年生まれ。メモリークリニックお茶の水院長、東京医科歯科大学医学部特任教授、医学博士。数々の認知症実態調査に関わり、軽度認知障害(MCI)のうちに予防を始めることを強く推奨、デイケアプログラムの実施など第一線で活躍中。『効く!「脳トレ」ブック』(三笠書房)など編著書多数。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう