記事詳細

【日本人の死因3位!肺炎を招く「誤嚥」の恐怖】免疫力落ちた高齢者は感染しやすく重症化の恐れ…65歳を過ぎたら肺炎球菌ワクチンを (1/2ページ)

★(5)

 誤嚥性肺炎を予防する上で、のどの筋肉を強化する訓練や口腔内のケアが重要なことは間違いない。それについては追って詳しく解説するが、一つ、確実にリスクを下げる医学的なアプローチがある。「ワクチン」だ。

 「肺炎球菌のワクチンを打ちましょう」という広告を目にしたことがあると思う。肺炎球菌とは、肺炎の発症要因の一つの菌で、一般的な肺炎の原因菌の中では最も発症頻度の高い菌だ。

 この菌にはワクチンがあり、これを接種することで感染発症のリスクを完全にではないものの、大きく下げることができる。

 「日本では、以前は“一生に1回”しかこのワクチンを打てない決まりがありましたが、安全性が確認されたことで、いまは65歳以上の人を対象に“5年に1回”の接種が可能になりました。そのうち最初の1回には自治体から助成が出ます」と話すのは、神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科部長の萩原恵里医師。

 肺炎球菌は常在菌といって、口腔内や鼻腔内に普通に存在する。健康な人なら感染しても症状を出すことはないのだが、高齢者のように免疫力が落ちた人が感染すると発症し、重症化することも珍しくない。

 肺炎球菌ワクチンは、その感染発症を未然に防ぐ手段として有効で、誤嚥性肺炎を予防する上でも大いに役立つ存在だ。「65を過ぎたらワクチン」を覚えておきたい。

 同じ理由でインフルエンザのワクチンも、毎年受けておいたほうがいい、と萩原医師。これはインフルエンザウイルスが直接肺炎を起こすというよりも、インフルエンザにかかることで免疫力が下がり、様々な菌やウイルスに感染しやすくなるので、それを防ぐことが目的だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう