記事詳細

【イッちゃんのひと押し】足の拇指球に体重を掛け、つま先立ちを10秒間 疲れやすい足の予防

 スニーカーなど楽な靴を履くと、歩行時も楽な方に足の小指に体重が偏ります。その結果、土踏まずがなくなり足幅も広がる傾向になって、さらに疲れやすくなります(写真1)。

 予防法のひと押しは、足の拇指球に体重を掛け、つま先立ち(写真2、3)を10秒間。1、2秒休んでは10秒間。これを1セットに毎日5回ぐらい繰り返します。

 ■井関光男(いせき・みつお) スポーツ選手や芸能人など多数施術する個人トレーナーとして有名。東京駅八重洲口(八重洲1の9の13 八重洲ヤヨイビル5階)サロン・ドゥ・ウエルネス (電)03・6265・1819(完全予約制)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう