記事詳細

【安達純子 ロボット手術最前線】心臓手術への応用も進むダヴィンチ治療 3D画像で視界確保、早い回復実現 (1/2ページ)

 ロボット支援下手術(ダヴィンチ治療)は、アームの先端が360度回転し、3次元画像で医師が患部を確認できるなど、細かい作業が行いやすいことを紹介してきた。操作性の高さゆえに、心臓手術での応用も進んでいる。

 そのひとつが、「僧帽弁(そうぼうべん)閉鎖不全」の手術。僧帽弁は、心臓の左心房と左心室の境にある弁で、この開閉がうまくいかなくなると血流が逆流し、心拡大など機能低下につながる。その改善として、手術によって弁を形成する治療が行われている。

 「僧帽弁閉鎖不全症は、比較的若い方に多く、自覚症状が乏しい病気です。手術が必要なときには、なるべく手術後の身体状態を手術前の状態に保ちたいと思っています。そのために、ロボット支援下手術は役立つと考えています」

 こう話す帝京大学医学部附属病院心臓血管外科の下川智樹主任教授は、心臓血管手術のスペシャリストである。僧帽弁閉鎖不全に対しては、これまでは胸腔鏡という医療器具を用い、右脇から小さい切開でアプローチする手術を行ってきた。胸の前から大きく切開するよりも、右脇から小さく切開した方が、術後の回復が早いことに加え、見た目にも傷あとが目立ちにくいからだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース