記事詳細

秋の味覚 秋刀魚の知っ得情報 (1/2ページ)

 秋の味覚に、秋刀魚を挙げる人は多いだろう。特にこの時期の秋刀魚は、脂がのっていて格別だ。秋刀魚といえば、塩焼きが一般的だが、あいにく秋刀魚の小骨が面倒で、塩焼きが苦手な人はいないだろうか。「教えて!goo」では「秋刀魚の食べ方…骨を残さないのはマナー違反?」と、なんと骨まで丸ごと食べてしまう人もいるようだが。もっと料理のレパートリーが増えたら、秋刀魚のおいしさを余すことなく堪能できそうだ。そこで今回は、専門家にオススメの秋刀魚の食べ方についてアドバイスをもらったのでご紹介したい。

 ■秋刀魚の塩焼き、はらわたは食べた方がいい?

 上記の「教えて!goo」の投稿者は、頭から背骨も内臓もすべて食べてしまうとのこと。ステーキをナイフで切って、ひと口ずつ食べるような要領だ。

 しかし、秋刀魚の塩焼きの場合、はらわたは苦く、背骨と頭、しっぽは固く、残す人が大半のような気もする。はらわたまで食べてしまったほうがいいのだろうか?

 料理研究家のサクライチエリさんに、秋刀魚の正しい食べ方について聞いた。

 「秋刀魚の正しい食べ方、特に普通に、塩焼きのお魚と同じではないでしょうか。ちなみに、私は塩焼きのワタは苦手なので、あえて食べません」(サクライさん)

 食べられるのであれば、食べてしまってもいいのかもしれないが--。固い骨までムリして食べることはないとのこと。筆者も同感である。骨が喉に引っかかってしまっても大変なため、自分が食べられるところまでおいしく召し上がりたい。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース