記事詳細

【長田昭二 ブラックジャックを探せ】優しき脳外科医が描く、壮大な“仕返し計画” 小山記念病院・脳神経外科部長の河合拓也さん (1/2ページ)

★小山記念病院 脳神経外科部長 河合拓也さん(41)

 茨城県のJR鹿島神宮駅のホームから見える小高い丘の上に立つ小山記念病院は、サッカーJリーグ鹿島アントラーズの本拠地、同県鹿嶋市を代表する市の基幹病院。同市を中心に県南東部に広がる「鹿行地域」(鉾田市、神栖市、潮来市、行方市、香取市)のほか、稲敷市や千葉県香取市までを医療圏とし、14の診療科と224の病床でカバーしている。

 ここの脳神経外科部長の河合拓也医師は、中学から大学までラグビーで蓄えた体力を武器に、激務をこなす巨漢ドクター。

 「小学生の頃、かわいがってくれていた父の親友が、交通事故で急死したんです。その時から“生きるって何だろう”と考えるようになり、人の生死に関わる仕事に興味を持つようになりました」

 もう一つ理由がある。当時イジメに遭っていた時に、担任教師から言われた言葉だ。

 「仕返しをすればいい。ただ、“殴る”以外の手段があるんじゃないか?」

 そこで河合少年は考えた。医師になって、イジメた相手がいつか病気になった時に治してあげて、「ありがとう」と礼を言わせてやろう-と。

 壮大な仕返し計画の実現に向けて猛勉強をして医学部を卒業。数ある診療科の中から「忙しそう」という理由で脳神経外科を専門に選んだ。

 「忙しいほうが性に合っているんです」と笑いながら、目の前の仕事を片端から手を抜くことなく片付けていく。あえて専門性を追求せず、“オールマイティーに診療できる脳外科医”を目指してきたことが、今の職場で役立っている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう