記事詳細

知っておきたい結婚式のスピーチの基本構成、NGスピーチ例 (1/3ページ)

 皆さんは結婚式でスピーチをしたことがあるだろうか。一生に一度ぐらい、晴れの舞台で感動的な言葉を述べる機会が訪れるかもしれない。「教えて!goo」にも「結婚式スピーチの添削をお願いします」という質問が寄せられており、そんな機会に恵まれ悪戦苦闘している人がいた。そこで今回は、結婚式におけるスピーチの基本構成、NGスピーチ3選、スピーチ参考例文をコミュニケーションマナー講師の松原奈緒美先生に教えていただいた。

 ■スピーチの基本構成

 まずはスピーチの基本構成から伺った。

 「基本構成はまず、お祝いの言葉、次に自己紹介です。お祝いの言葉では、お二人への言葉とともに御両家への言葉も添えるとよいですね。自己紹介では新郎新婦との関係と名前を簡潔に述べます。通常司会者からの紹介があるので『ただいまご紹介に与りました新郎(新婦)の○○時代の友人の~と申します』などと自己紹介するのが一般的です」(松原さん)

 導入では、簡潔にしっかり挨拶を行うことが大切なようだ。

 「次に新郎新婦の人柄、エピソード、それからはなむけの言葉、最後に結びの言葉です。はなむけの言葉では上司や年長者の場合、格言の引用や経験に基づいたエールを述べることもあります。友人の場合はこんな家庭を築いてほしいという要望でもよいでしょう。結びの言葉は、年長者であれば、『簡単ではございますが、お祝いの言葉と代えさせていただきます』という言葉で結ぶことが多いです」(松原さん)

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース