記事詳細

【竹内流 神社の神髄】霊験あらたか、安産を願うなら「水天宮」東京・日本橋 (1/2ページ)

 水天宮の御祭神は、天御中主神(アメノミナカヌシノカミ・宇宙神)と安徳天皇(平清盛の孫)・建礼門院徳子(平清盛の娘)・二位の尼(平清盛の母)。壇ノ浦の戦いで海中に身を投じた女性たちだ。平家滅亡の悲劇のシーンが思い出される。安徳天皇が「おばあさま、どちらに参られるのですか」と聞くと、二位の尼は「海の底にも美しい都がありますよ」といって、天皇を抱きかかえ皇位継承の証しである<三種の神器>と共に入水した。

 あわてたのは攻め手の源義経の軍。源氏の棟梁(とうりょう)・源頼朝から「安徳天皇と三種の神器は絶対に奪還せよ」と命じられていたからだ。幸い、鏡は入れ物が大きくて浮いたので死守。しかし剣と勾玉(まがたま)は沈んでしまった。これで諦める頼朝ではない。全国から海女を集め壇ノ浦に潜らせたのだ。そして勾玉を奪還。

 だが、剣はみつからなかった。そのため、次に即位した後鳥羽天皇は当時の貴族の日記にも「半帝(半端な天皇)」と書かれている。その反動なのか、天皇の趣味はなんと刀を造ることになってしまった。コンプレックスのかたまりであろうか。刀は<武力>を想像させる。そのため天皇は鎌倉幕府という武家政権を倒そうと<承久の乱>を起こしたのかもしれない。

 水天宮は江戸っ子から「なさけ有馬の水天宮」と謡われた。江戸時代の久留米藩の上屋敷に分社として祀られたのが始まりである。昔から妊娠5カ月目の「戌の日」に安産祈願すると霊験あらたかといわれる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう