記事詳細

おしゃれに香る!リードディフィーザーを作ってみよう (1/2ページ)

 突然なのだが、「リードディフィーザー」をご存知だろうか? ガラス瓶に木の枝が数本刺してある、おしゃれな雰囲気漂うインテリアと言えばお分かりだろうか……。いわゆるルームフレグランスで、仕組みとしては、瓶の中のアロマオイルを木の枝が吸い上げ、蒸発する時に香りを拡散させるというもの。火や電気を使用しないところが、エコに敏感なおしゃれ女子に人気だ。そして、これが、置いておくだけでアロマを楽しめ、手入れも少ないので、無精女子やアロマ初心者にもおすすめのアイテムなのだ。「教えて!goo」でも、「長時間使えるアロマディフューザー」を探している質問者がおり、リードディフィーザーを薦める回答があった。条件にもよるが、一度セッティングすると、1~2ヶ月は芳香が続くようだ。

 ブランドによっては数万円するものもあるというが、今回は、100均のアイテムを利用したリードディフィーザーの作り方を紹介しよう。

 ■材料も作り方もとてもシンプル!

 材料:ガラス容器/竹串/無水エタノール/アロマオイル

 無水エタノールは、薬局で1000円程度で購入可能。あとは、ほぼ100均で揃う。

 作り方:

 1.ガラス容器に無水エタノールとアロマオイルを9:1の割合で入れる。(口が小さい瓶の場合は、別の容器で作ってから注ごう)

 2.竹串を数本刺す。(竹串の先が尖っている場合は、カッターなどで切り揃えよう)

 【注意点】無水エタノールは引火しやすいので、火の近くで使用しないこと。

 アロマディフィーザーは見た目が大事なので、力を入れたいのはデコレーションだ。ガラス容器にマスキングテープを貼ったり、リボンを結んだり、アンティークの香水瓶を使うなど、自分なりのアレンジを楽んでみよう。

 詳しくは動画をチェック!

 ニコニコ動画で見る→bit.ly/2w5dyhU

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース