記事詳細

モラハラ夫にカップルカウンセリングは果たして有効か? (1/3ページ)

 夫がモラハラだと気づいたとき、夫に自覚させるのもかなり難しそうだが、妻はどう対処すべきなのか。「教えて!goo」にも、「モラハラのカウンセリングを探しています」という質問が寄せられており、悩んでいる人は多いようだ。実際、カウンセリングでモラハラ問題は解決するものだろうか。今回、行政書士であり、離婚カウンセラーとしてモラハラ問題にも詳しい阿部貴子さんに意見を聞いてみた。

 ■モラハラでカウンセリングを受ける意味

 阿部さんによると、そもそも妻がカウンセリングを受けようと思うまでには、ある程度の時間を要するという。

 「夫がモラハラであると確信するまでには、結婚から10年前後経っていることが多いです。『お前がなっていない』と言われ続け、最初のうちは妻も一生懸命努力するのですが、一向に改善せず、夫も満足しないというケースです。浮気、DVなどと違って、明白な出来事があるわけではないので、『私がおかしいのではなく、夫がモラハラだ』と気づくには、一定の年月がかかるのです」(阿部さん) 

 モラハラが長期に及べば、妻も憔悴しきってしまうことだろう。そんな中、意を決してのぞんだカウンセリングの効果はどのようなものだろう。

 「妻だけがカウンセリングに通って夫のモラハラを直すのは難しいです。しかし、妻としてどのように人生を取り戻していくのかという趣旨で通うのはよいと思います。妻が思いこんでいるだけのケースもありますので、カウンセリングをきっかけに夫婦関係が改善する可能性はあります。また、夫サイドから『妻からモラハラといわれてしまった』という相談もあります。夫に自らを改めようとする姿勢があるなら、通ってみるのもよいと思います」(阿部さん)

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース