記事詳細

【感染拡大!腸管出血性大腸菌O157を防ぐ】感染源特定しづらい二次汚染の怖さ トイレでお尻拭く際に水分と一緒にトイレットペーパー通過する細菌 (1/2ページ)

★(1) 

 埼玉県と群馬県の惣菜販売「でりしゃす」系列店で起きた腸管出血性大腸菌O157の感染拡大で今月13日、都内の3歳女児が亡くなるなど深刻な事態に陥っている。その背景や対策について、きょうから4回にわたって緊急連載する。

 今夏、起きた一連の感染騒動では当初、ポテトサラダを食べた人からO157が確認された。だが、今回亡くなった女の子は、炒めものの総菜を食べて感染したとみられている。感染源は特定されていない。

 「O157は、50~100個程度のわずかな数でも、感染する可能性があります。二次汚染の場合、食材に菌が均等に付着するわけではなく、少量の菌のついた部分を食べて、感染するようなことが起こりえると考えられます」と、東北大学大学院医学系研究科総合感染症学の賀来満夫教授は話す。

 二次汚染というのは、手や調理器具などに付着した菌が、触った料理に付着して汚染してしまうこと。O157は、もともと牛などの腸管に生息しているが、たとえば、生の牛肉を切った包丁をよく洗わずに野菜を切ると、野菜にO157がついてしまう。その野菜を食べれば、感染するのだ。今回の惣菜系列店では、大皿に並べた総菜をトングを使って客が取り分けるスタイルだった。

 「食材の衛生管理も大切ですが、手や調理器具も気をつける必要があります。バイキング形式では、食材ごとに取り分ける器具が用意されていればよいのですが、ひとつの器具でいくつもの料理を取るようなスタイルでは、二次汚染を起こしやすいのです」(賀来教授)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう