記事詳細

【江口まゆみ 酔っぱライターのお酒見聞録】米にこだわり極めた地酒 観光客の見学コースをつくる計画をキッパリやめ… (2/2ページ)

 こうした取り組みによって、地の酒「地酒」を極めたいというのが中村社長の考えだ。こだわりは地元の米。日本、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで有機認証を取得し、契約栽培農家の名前を冠した「AKIRA」。石川県羽咋市神子原(みこはら)地区の稀少米を使用した「客人(まれびと)」。これらは海外でも高く評価され、やがて世界的シェフとの共同開発へとつながっていくのである。

 ■江口まゆみ 酔っぱライター。世界中の知られざる地酒を飲み歩き、日本でも日本酒、焼酎、ビール、ワイン、ウイスキーのつくり手を訪ねる旅を続ける。近著は『ビジネスパーソンのための一目おかれる酒選び』(平凡社刊)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう