記事詳細

「なぜか何十年も使い続けている家の中の物」を調査してみた (1/2ページ)

 実家に行くといつもテーブルの下の決まった場所にゴミ箱が置かれている。そのゴミ箱、酒井法子のデビュー当時に販売されていた「のりピーグッズ」の一つで、酒井法子が考案したキャラ「のりピーちゃん」が描かれている。家族の誰が買ってきたのかも覚えていないこのゴミ箱が、実に30年近く使われ続けていることになる。

 なぜよりによってこのゴミ箱を30年使っているんだろう……といつも笑えてくるのだが、こうして大事に使われている「のりピーグッズ」が今もあるということを、酒井法子さんにいつか伝えたいものである。向こうも困るだろうが。

 「教えて!goo」に、「それ何年使ってますか?」という質問をさせてもらったところ、出るわ出るわ、何十年も使い続けてきたというレアアイテムの数々に関する回答が寄せられた。ここに紹介したい。

 ■40年使い続けたどんぶり!30年物のアイシャドウ!

 「20代に北海道で買ったタオル。洗髪した髪だけに使用しているので未だ、現役。ちなみに30年」(びっくらぽんさん)

 素晴らしい!タオルを30年使い続けるということがどれだけ大変なことか。“洗髪した髪だけに使用”するという回答者のこだわりが生んだ奇跡であろう。

 「あまり、お化粧をしない私。気が付けばこのアイシャドウ、20歳の資生堂のお化粧教室で貰ったの、30年たったな、と思って思い切って処分して新しいのを買ったけど、たいして減りもしないので、これも又、かれこれ20年たちました」(akiko37さん)

 これもまた素晴らしい。化粧品に消費期限があったとしてもそんなことはとりあえず置いておいて、50年間に1回しか買い替えずに使うなんて、なんだか素敵なことに思えてくるから不思議だ。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース