記事詳細

【大人のお取り寄せ】さっぱりした酸味が口いっぱいに広がる「いかずし」(青森)

 青森県・下北半島はイカ漁が盛んでイカを使った名物が多い。むつ市のマルモが製造販売する「いかずし」も、地元の各家庭で食されてきた下北独自の郷土料理だ。

 これは、すし飯と切り身を握った“江戸前のイカ寿司”とも、イカの中に米を入れて甘辛く煮込んだ“イカめし”とも違う。地元・大畑漁港で水揚げされた新鮮な真イカを茹で、その胴体の中に甘酢で酢漬けにしたキャベツ・にんじん・ショウガなどのシャキシャキ野菜やイカの足を詰め込み、輪切りにしてお茶請けなどで食べる一品。すしとはいってもすし飯は使わず、その分、低カロリー・低カーボンでヘルシー。一口食べると、シャキッとした歯触り、さっぱりした酸味が口いっぱいに広がる。

 「そのまま輪切りにして食べられます。レモン汁やマヨネーズ、ドレッシングなどをかけるとまた美味です」(同店)

 いかずし白2尾入り626円(税込)。送料別。

 【問い合わせ】 マルモ

 (電)0175・34・6601

 青森県むつ市大畑町正津川戦敷302の1

 http://www.marumo-shop.com

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう