記事詳細

洗濯槽の汚れの正体は?落とし方は?専門家に聞いた (1/2ページ)

 先日「教えて!goo」で、「タオルに黒カビ発見!と思いきや実は……」という記事をリリースした。その中で、タオルに黒カビを発見と思いきやその正体はカビではなく、なんとただの汚れである確率が高いということが判明した。では、洗濯槽の方はどうなのだろう? 筆者も実際に見かけたことがある洗濯槽のあの汚れの正体はカビなのか、それ以外なのか。専門家を直撃した。

 ■洗濯槽の汚れの正体

 洗濯槽の洗浄をした際に黒っぽいものが出てきた場合、それはカビの可能性はないのか。衛生微生物研究センターの主任研究員、李新一さんに話を聞いた。

 「一般的な洗濯槽を調べた結果、黒カビやエクソフィアラ、フォーマなど、褐色や暗褐色に見えるカビが検出されています。洗濯後、洗濯槽に残った水分や汚れなどが原因で発生すると考えられます。洗濯槽に水分や汚れが残るのは仕方がなく、発生自体を防ぐことは難しいですねい。市販の洗剤等によって定期的に洗濯槽の洗浄を行うことが望ましいです」(李さん)

 発生は避けられないということから定期的な洗濯槽の洗浄が必要そうだ。

 ■重要なのは洗濯槽の日々のお手入れ

 洗濯槽を清潔に保つには二つの対策を実行する必要があるという。その方法についてライオンお洗濯マイスターの大貫和泉さんに話を聞いた。

 「洗濯槽の裏側には、カビや菌が潜んでおり、それが衣類に付着する可能性があります。防止するには、『洗濯槽クリーナーを使った定期的な掃除』に加え、『洗濯槽の日々のお手入れ』で菌が増殖しにくい状態を保つことの両面の対策が重要です」(大貫さん)

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース