記事詳細

【安達純子 ロボット手術最前線】心臓外科に新潮流 心と体のダメージ抑える低侵襲手術に発展の兆し (1/2ページ)

 現在、心臓外科領域においても、ロボット支援下手術(ダヴィンチ治療)が少しずつ進展し始めている。日本心臓外科学会、日本胸部外科学会、日本ロボット外科学会では、ロボット心臓手術関連学会協議会で、心臓外科におけるロボット支援下手術の指針も策定。心臓血管外科専門医が2人以上常勤していることなど、施設基準を設け、ロボット支援下手術が安全かつ有効に進展する後押しをしている。

 心臓外科領域では、心筋梗塞、狭心症に対して新たな血流の通り道を作る冠動脈バイパス術、心臓の弁の開閉が上手くいかない僧帽弁不全症に対する弁形成術、心臓の左右の心房を隔てる壁に穴が開く心房中隔(しんぼうちゅうかく)欠損症に対する心房中隔欠損閉鎖術で、国内でもロボット支援下手術が行われ始めている。

 「海外では、心臓の左心房から発症する良性腫瘍の『左房粘液腫(さぼうねんえきしゅ)』についても、ロボット支援下手術は実施されています。良性疾患や、比較的若い方に発症しやすい病気では、以前から傷口の小さな低侵襲の手術の開発を当科でも進めています。その一助にロボット支援下手術はなると思います」

 こう話す帝京大学医学部附属病院心臓血管外科の下川智樹主任教授は、心臓の低侵襲手術を数多く手掛けるスペシャリストだ。

 僧帽弁閉鎖不全症では、弁の働きが悪くなっても自覚症状は乏しいという。放置していると心拡大など重篤な状態に結びつくため、早い段階で手術を行う方が望ましい。しかし、胸を大きく切り開く手術を行うと、傷あとなどで患者の身体はダメージを受け、心も痛めることにもつながる。そこで、下川教授が行っているのが、脇の下から5~6センチの切開で行う低侵襲手術だ。冠動脈バイパス術や心房中隔欠損閉鎖術でも、キズの小さな手術を積極的に導入している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう