記事詳細

【PNN】一撃3500発も出すなんて、おぬしも悪よのぅ 「CR悪代官 赤鬼X」役物機になって復活じゃ~!

 ★「CR悪代官 赤鬼X」(豊丸産業)

 2011年に液晶機として発売された「CR悪代官」が役物機として復活する。「CR悪代官 赤鬼X」(豊丸産業)は、玉の動きに一喜一憂、「悪」に入って大当たりした後にはドットに「V」が止まることを願う。Vの大当たりは16ラウンドである上に、次の16ラウンド大当たりもほぼ約束され、さらには50%で連チャンする、というゲーム性。設置開始は10月上旬から。

 アナ これまたインパクトのある盤面ですね。

 解説委員 盤面中央の口の部分が羽根になっていて、ここに拾われた玉がいくつかの関門をクリアして最下部の「悪」と書かれた部分に入れば、とりあえず大当たりだ。

 アナ とりあえず、ですか。

 解説委員 大当たり後に悪代官の顔の部分のドットが変動する。ここが数字なら実質2ラウンド(R)で、「V」なら実質15Rだ。実質2Rは出玉的に本当の大当たりとはいえないだろう。

 アナ Vが止まらなければ始まらない、というわけですね。

 解説委員 Vが出る確率は17分の1だから、基本的には数字図柄停止を積み重ねて投資スピードを抑えながらVが来るのを待つ、という展開になるだろうな。

 アナ ということは、Vが出た後には夢を見られるってことですよね。

 解説委員 初回Vの大当たり後は「赤鬼モード」に入る。この間は右打ちで、玉をほぼ減らさずに次の大当たりを狙えるんだ。大当たりすれば必ずVなので実質15Rの出玉を獲得できる。初回Vと合わせて一撃約3500個の出玉が得られるわけだな。

 アナ 魅力的ですね。

 解説委員 しかも赤鬼モードは50%でループするから、このV+Vの2回セットはいわば最低保証だ。50%をクリアするたびに約1750個ずつ上乗せされていく。

 アナ ヒキ次第で大量出玉も期待できますね。

 解説委員 一撃で約3500個ってところは「CR天下一閃」みたいなイメージ。通常時の大当たりのV確率やVが出た後に大量出玉、というところは20~25年ほど前に大ヒットした羽根物「たぬ吉くん2」に似ている。赤鬼モードが継続するかどうかは今の確変ループ機と同じ。大当たりするまでの役物は「餃子の王将3」に近い。つまり、いろいろな要素が詰まっているわけで、きっと誰もが楽しめるだろうと思うんだ。

 アナ 1~2回の大当たりでVが出ればラッキー、ぐらいの気持ちで、運試しに遊ぶのもいいかもしれませんね。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴 役物をクリアして大当たりしても、ドットに「V」が停止しなければまとまった出玉は得られない。約17分の1のVを早く引ければ勝利が近づく。V停止後は赤鬼モード(時短)が100回転あるので、次回大当たりもほぼ確定する。赤鬼モード中の大当たりはすべて実質15ラウンドで、さらに赤鬼モードは50%でループする。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう