記事詳細

【今坂佳美 生活習慣病撃退レシピ】目指せ!血液サラサラ家族 心臓病や動脈硬化などを予防「サバの竜田揚げ ねぎおろし添え」

 今回からタイトルが「生活習慣病撃退レシピ」に替わり、オレンジ世代の皆さんに寄り添った超時短&健康レシピをご紹介していきます。

 かつて成人病と呼ばれた生活習慣病が、現代では子供たちにも増えているのをご存じですか? 原因のひとつとされるのは偏った食生活です。防止するためには、緑黄色野菜をしっかり取り、魚を食べる機会を増やすことがよいとされています。わが家でも常に「肉を1回食べたら、魚を2回食べる」と1:2の法則を心がけています。

 初回のメーン食材のサバは、1年を通して店頭に並ぶ手軽でなじみの深い青魚。良質な脂肪にはEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれており、血流をサラサラにする効果があります。これにより、心臓病や動脈硬化などの予防が期待できます。

 親御さんはもちろん、お子さまにも「若くして血液がドロドロ」なんて事態に陥らないために、家族みんなで生活習慣病への意識を高めていきましょう。

 【材料】
 サバ 3枚
 しょうゆ 大さじ3
 しょうが 8g
 かたくり粉 大さじ4
 大根 200g
 ねぎ 3本

 【作り方】
 1サバは一口大に切り、ねぎは小口切り、大根としょうがはすりおろす。
 2ポリ袋にしょうゆ、しょうが、サバを入れて30分おく。
 3サバを取り出し、かたくり粉をまぶして油で揚げる。
 4大根おろしとねぎをあえて3に添える。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう