記事詳細

【厳選ぐるめナビ】“和紙を使った料理”に疑問符が並ぶが… 食べればわかる「虎てつ 五反田店」東京・五反田

 ユネスコ無形文化遺産に登録された「和紙」。その“和紙を使った料理”を出す店がある、との情報を得て、早速訪ねた。五反田駅西口から徒歩約1分。オフィスビルの7F。通された個室は壁に和紙をあしらったみやびな雰囲気。外国人にも喜ばれそうだ。

 お目当ての料理を頼むと、出てきたのが「和紙しゃぶ」。具はレタス大盛りと豚肉2種で1人前1180円(2人前から注文可)。ん? 野菜はレタスだけ? 牛肉じゃなくて豚肉? と疑問符が2つもつくが、食べればわかる。なにしろご自慢の黄金スープがすごい。

 ショウガと薬膳のパンチが効いて、朝採れレタスしゃぶが絶品。そのスープのあまりの強さに牛肉では負けてしまうので、豚肉の方が合うのだとか。しかも塩はほとんど使わず、豚肉のビタミンB1と塩分控えめで美容にも健康にも良いという。

 もちろん肉や魚、野菜などの追加オプションも豊富に用意。とくに黄金スープは海鮮との相性も抜群で、タコや旬の白身魚、鯛に平目にカレイなどの薄造りでしゃぶしゃぶも美味。

 また、産地直送の「広島産音戸牡蠣」も売りで、これからの季節は「牡蠣のがんがん焼き」(10個2980円)もおすすめだ。

 ■東京都品川区西五反田2の7の11 intexビル7F (電)03・6303・9974。営業 17~24(金・祝前日は~27)。日曜定休。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう