記事詳細

【マンガ探偵局がゆく】東芝のマスコットキャラクターだった「光速エスパー」 実写ドラマ化、松本零士版もあった (2/2ページ)

この時の担当編集者はのちに『週刊少年ジャンプ』の名編集長になる西村繁男。執筆依頼を受けた松本の「あさのさんの絵のままではつまらないので自由に描かせてほしい」という頼みを聞いた西村は、松本ともに東芝の本社まで掛け合いに行き、松本オリジナルのエスパーを作る許諾を得たという。

 あさの版のエスパーがフルフェイスのヘルメットと一体になったつなぎの強化服を着ているのに対して、松本版はジェットヘルメット・スタイル。東芝ストアでも2種類のエスパーが混在することになった。

 設定も大幅に変えられて、バシウト星の難民として地球に逃げてきた少年・エスパーが古代博士に救われて、養子として古代すすむを名乗り、博士のつくった強化服で7つの超能力を手にするというもの。古代すすむの名はのちの『宇宙戦艦ヤマト』にも登場する。この松本版は『少年ジャンプ』などに舞台を移して70年まで描き継がれた。

 東芝ストアでは70年代半ばまでマスコットとして使われていたようだ。

 現在、あさの版のマンガはパンローリングの単行本で、松本版は小学館クリエイティブの単行本で読むことができる。

 ■中野晴行(なかの・はるゆき) 1954年生まれ。フリーライター。京都精華大学マンガ学部客員教授。和歌山大卒業後、銀行勤務を経て編集プロダクションを設立。1993年に『手塚治虫と路地裏のマンガたち』(筑摩書房)で単行本デビュー。『謎のマンガ家・酒井七馬伝』(同)で日本漫画家協会特別賞を受賞。著書多数。2014年、日本漫画家協会参与に。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース