記事詳細

論争!“おでんをおかずにご飯を食べる”はアリ?ナシ? (1/2ページ)

 大阪ではお好み焼きをおかずにしてご飯を食べる。お店に行くと、お好み焼きとライスがセットになった「お好み焼き定食」というメニューが平然と存在する。

 筆者は生粋の大阪人ではないため、初めてその食べ方を聞いた時は「なぜそんな必要があるの!?」と思った。しかし、大阪の友人の一人に聞けば、お好み焼きとご飯が合うというよりは、お好み焼きについたソースをご飯の上にちょんと乗せ、ソース味のご飯を食べるのが美味しいのだとか。味の濃いものがあればご飯に合わせたくなる、という感じだろうか。うーん、食文化というものは奥が深いものである。

 「教えて!goo」に編集部からこんな質問をさせてもらった。「おでんと白米はあうと思いますか?」。これもまた、ある人にとっては、「え?そんな組み合わせあり得るの?」という感覚を覚えるものだろう。しかし、結果はまさに賛否両論だった。

 ■おでんのご飯の相性を決めるのは“だし”だった!?

 まずは、おでんとご飯の組み合わせに懐疑的な意見から紹介しよう。

 「ない。強いて考えるならおでんの出汁を使った雑炊かな。酒(日本酒)に合うものはご飯に合うと思う派なのですがおでんだけは例外ですね。なんでだろう?」(よはさん)

 「あわないと思います。私は、ソースをつけて、おかずにしてます。(大根はそのままです)妻いわく、おでんはおでんだけで楽しみ、そのあとに漬物などでご飯を食べるとのこと」(hyakkinmanさん)

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース