記事詳細

【安達純子 ロボット手術最前線】子宮全摘術 肥満傾向で脂肪が多い人でも、スムーズな手術が可能 (1/2ページ)

 働き盛りの女性に発症しやすい子宮頸がんでは、子宮を取り除く「腹腔鏡下広汎(こうはん)子宮全摘術」において、ロボット支援下手術(ダヴィンチ治療)が昨年4月、先進医療Bとして認められた。

 全国の施設で100例の臨床研究を行った後、保険収載への検討が行われる。この婦人科領域のロボット支援下手術でも、日本は世界に後れをとった状態が続いていた。

 「子宮のように、視野の悪い骨盤内で行う手術では、ロボットのカメラで拡大された視野を確保し、自由自在に動かせるロボットアームの治療は、とても向いているといえる。米国では、年間約50万件のロボット支援下手術が行われており、その半数は婦人科領域。さらに、子宮悪性腫瘍手術の約8割は、ロボット支援下手術で行われている。日本でもロボット支援下手術の利点を生かせるように、貢献したいと思っています」

 こう話す東京医科大学産婦人科学分野の井坂恵一特任教授は、婦人科領域の手術の第一人者である。

 井坂医師は今年2月、「日本婦人科ロボット手術研究会」を立ち上げて理事長に就任し、適切なロボット支援下手術の国内での迅速な普及を後押ししている。

 「子宮頸がんの先進医療Bを着実に進めることで、その後、子宮体がんなど婦人科領域全体に広めることができればと考えています。子宮体がんは、子宮頸がんと比べて従来の腹腔鏡下手術を行いやすいのですが、脂肪が多い方には、ロボット支援下手術が向いているのです」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう