記事詳細

辛すぎるキムチ鍋をリカバリーする方法 (1/2ページ)

 そろそろ肌寒くなり、鍋がおいしくなる季節。なかでも赤くて辛いキムチ鍋は、冷えた体を温めてくれる人気鍋メニューのひとつである。しかしこのキムチ鍋、キムチをたくさん入れすぎて辛みが強くなってしまった経験はないだろうか。「教えて!goo」でも「辛すぎるキムチ鍋をどうすれば??」と料理に失敗してしまい、相談を寄せる声が。投稿者の質問に多くのアドバイスが寄せられていたため、今回は辛すぎるキムチ鍋をリカバリーする方法をご紹介したい。キムチ鍋後半の味変えアレンジの参考にもなるので、ぜひチェックしてみてほしい。

 ■牛乳、野菜、日本酒でリカバリー!

 寄せられた回答をチェックしてみたところ、まず筆者の目に入ったのは以下のベストアンサーだ。「私の家では牛乳です。とてもマイルドなスープに変身です。お疑いの時は、別鍋でお試しください。目から鱗です」(honkeybさん)

 牛乳ひとつで辛みが抑えられるとは、これは簡単な方法でよさそうだ。ほかにも、野菜や日本酒、バターを入れて辛みを和らげる方法も寄せられており、これも試してみたいと思った。

 「辛みをやわらげるには甘みの出る野菜、タマネギ、キャベツ、ネギなどを入れて豚バラ肉、日本酒を加えると良いと思います。私の家では、近所に韓国の人が住んでいて作り方を教えてもらったのですが、今あげた野菜をたくさん入れて、豚バラ肉を広げて、日本酒をかけ火にかけます。水はいっさい入れずに野菜の水分が充分にでてきたら、キムチを広げ、醤油を少しかけてさらに煮込む。野菜のウマミがたっぷりでとっても美味しいですよ」(huruhurunさん)

 「辛味を押さえる成分の一つに『油分』がありまして。ちょっと意外に感じるかもしれませんが、バターをたっぷりと入れると案外と辛味が落ち着きます」(galludaさん)

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース