記事詳細

【安達純子 血圧を下げる新常識】薬の持続性が切れると悪循環、危険な夜間の高血圧放置 明け方に突然「心筋梗塞」生じることも (1/2ページ)

 高血圧を放置すると、脳卒中や心血管病のリスクが高まるとして、すでに医師の指導の下で治療中の人もいるだろう。だが、実際にきちんと血圧が下がっている人は、その半分といわれる。「高血圧治療薬を飲んでいるから安心」とはいいがたい状況があるのだ。

 典型的な例が、朝起きたときに測る家庭測定で135/85(単位・mmHg)以上の高血圧というケースだ。日本高血圧学会の治療ガイドラインでは、診察室測定では140/90未満、家庭測定で135/85未満が正常の血圧範囲とされるため、薬を飲んでいても家庭測定で血圧が高いと安心はできない。

 「診察室測定で正常範囲内でも、夜間に血圧が上昇する『夜間高血圧』の人がいる。薬にはさまざまな種類があるが、1日1回朝に服用した薬の持続性が短いと、夜間に血圧が上昇するので注意が必要です」

 こう話すのは高血圧治療が専門の東京都健康長寿医療センター顧問の桑島巌医師。

 血圧は自律神経に関わるため、日中の活動的なときには交感神経が優位になり、上昇しやすくなる。反対に、寝ているときには副交感神経が優位になるため、血圧は下がり、120/70以下が正常の範囲。ところが、朝1回の高血圧治療薬を服用して、昼間の血圧は135/85未満に抑制されても、夜には薬の持続性が失われることで、夜間の血圧が高いままということがあるのだ。

 「高血圧治療薬の種類には関係ありません。一般的によく使用されているアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)や、カルシム拮抗薬、利尿薬の同じ種類の薬でも、持続性に差があります。薬の持続性が夜間に切れると、動脈硬化を促進させて悪循環に陥るのです」

関連ニュース