記事詳細

【今坂佳美 生活習慣病撃退レシピ】動脈硬化予防に効果ある鶏肉で「秋のオーブン焼き」 必須栄養素を楽しみながら摂取

 今年も残すところ2カ月を切り、日に日に肌寒さを感じるようになりました。体調も崩しやすくなりがちな季節。しっかりと栄養のある食事を心掛け、健やかな体作りを進めていきましょう。

 そのために今回はオーブンまかせで栄養豊富な簡単料理。パット一面に秋の食材を敷き詰める、話題の「ぎゅうぎゅう焼き」スタイルです。

 高血圧症に悩んでいる方のことを考えて、お肉は鶏肉をチョイスしました。鶏肉は、豚肉や牛肉と比べて脂肪分が少なく、消化吸収がとても良いんです。また「コラーゲンタンパク質」と呼ばれる良質なタンパク質を含んでいるので、血管の弾力性の改善など、動脈硬化予防にも大きな効果が期待できます。

 鶏肉と一緒に大量の緑黄色野菜をグリルすることで、うま味や甘みが倍増し消化吸収力がアップ! これ一品で、タンパク質からビタミンまでバラエティー豊かな必須栄養素を楽しみながら、とることができますよ。

 【材料】天板1枚分
 鶏肉 300g
 かぼちゃ 170g
 れんこん 120g
 アスパラ 3本
 まいたけ 1パック
 パセリ 10g
 にんにく 3片
 レモン 1/2個
 白ワイン 大さじ1
 塩こしょう 少々
 オリーブオイル
 大さじ2

 【作り方】
 1 鶏肉はフォークで穴をあけ、5cm角に切り、白ワインをふりかけ軽くもむ。かぼちゃは2cm乱切り、れんこん1cm輪切り、アスパラは4cm斜め切り、まいたけは根を落とし、にんにくとレモンは薄切り、パセリはみじん切り。
 2 天板にクッキングシートを敷き鶏肉、カットした野菜、まいたけを並べ、塩こしょうとオリーブオイルをふりかける。
 3 オーブン200℃で20分。仕上げにパセリをちらしレモンを絞る。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう