記事詳細

【大人のお取り寄せ】摘みたての源藻を最旬期に炊き上げた「海苔職人の百年生のり」(熊本)

 昭和36(1961)年、有明海が目の前に広がる熊本県飽託郡天明町(現・熊本市南区海路口町)で創業した通宝海苔。同社製品の中でも摘みたての源藻を最旬期に炊き上げるのにこだわったのが「海苔職人の百年生のり」だ。

 11月後半~3月の収穫期間中でも、特に原藻が柔らかい厳冬期に収穫された海苔を、港から近い工場で煮付けるのが特徴。

 海苔は収穫後すぐシート状にしないと傷むが、漁師の間では成形せずストーブで煮付ける食べ方があった。地の利を生かしたその味を広めようと誕生した一品は、海苔を溶かして味付けした一般的な佃煮とは違う“生海苔の煮付け”。ツルットロッとした食感や、必要以上の味付けをしない程よい塩加減が魅力だ。

 「あたたかいご飯にたっぷりかけて。また、卵かけご飯のしょう油の代わりにしたり、卵焼きの具にするのもお勧め」(同社)

 1瓶90グラム入り648円(税込)。送料別。

 【問い合わせ】通宝 

 (電)096・370・0066

 熊本市東区画図町所島1100

 https://www.478124.com

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう