記事詳細

ピザはNYかシカゴか…米で論争過熱 ニューヨーク・タイムズ紙も参戦

 薄い生地で知られるニューヨークピザより、分厚いシカゴピザの方がおいしい? ピザをソウルフードとする米二大都市の昔ながらの「ピザ論争」が過熱している。

 きっかけはニューヨーク市長報道官が今月11日、シカゴで食べたピザの写真を載せ「全米一。他の追従を許さない」と絶賛したツイート。シカゴ市長が「誰もが知っていることを認めただけ」と応じたことがニューヨーカーを激怒させた。

 ニューヨークのピザ店ツアーのガイドは地元紙に「市の代表として無責任な発言」と非難し、一般市民の反撃ツイートも激化した。

 ニューヨーク・タイムズ紙の調査では「シカゴ式は分厚くて折り曲げられない」「ニューヨーク式は安い、薄い、油たっぷりの三拍子がそろった究極の食べ歩きフード」など擁護の声が続出した。

 イタリア移民がもたらしたニューヨークのピザは手で食べるのに対し、厚さが数センチもあるシカゴピザはナイフとフォークを使うのが一般的だ。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう