記事詳細

【パチスロ一押し機種】A+RTタイプで技術介入あり、RT100ゲーム搭載「タロットエンペラー」

 2000年発売のヒット機種「タロットマスター」に、17年ぶりの後継機「タロットエンペラー」(ユニバーサルブロス)が作られた。ボーナスでメダルを増やすタイプで、ボーナス終了後にはRT(リプレイタイム)に突入。「ハナビ」のようにボーナス終了後に前後半2段階のRTがある。前半のRT「タロットチャンス」はビッグボーナス後は最大30ゲーム、レギュラーボーナス(RB)後は1ゲーム固定。後半のRT「タロットゲーム」は30or100ゲーム継続。ボーナス中やタロットチャンス中は変則打ちや目押し等の技術介入要素があるため、打つ際には台間の説明書やネットなどで打ち方を確認したい。

 RTのゲーム数が多い分、ハナビよりもボーナス確率は重めだ。

 設置開始は週明けの27日から。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう