記事詳細

ヒルトン大阪の苺デザートブッフェ、テーマは「魅惑のストロベリーサーカス」 (1/2ページ)

 ヒルトン大阪の35Fスカイラウンジ「ウインドーズ オン ザ ワールド」で、毎年恒例の苺デザートブッフェが開催される。今回のテーマは「魅惑のストロベリーサーカス」。サーカスや移動遊園地のちょっと不思議で楽しい雰囲気をスカイラウンジで再現している。

 ブッフェ台には、テントに見立てベリーを飾った「サーカステント ストロベリーチーズケーキ」や苺クリームをたっぷり乗せた「ピエロのお気に入りカップケーキ」、ピスタチオクリームの濃厚な味わいが魅力の「ピスタチオと苺のパラダイスタルト」など、見た目もかわいいスイーツが揃い踏み。定番人気の「ストロベリーマカロン」や「ストロベリーチョコレートファウンテン」もスタンバイしている。

 ちなみにペイストリーシェフ百田のおすすめは、ヨーグルトと苺の絶妙な酸味がたのしめる「ファン・ファン ティラミス」だ。

 スイーツばかりでは飽きてしまいそうと憂うることなかれ。サーカス観賞の時につい買って食べてしまう「ホットドッグ」や「ポップコーン」などのフードメニューもバッチリ用意されているのだ。しかも、ブラックペッパーがきいたストロベリーソースをつけて食べる「サプライズ フライドチキン」など、どんな味なのか気になるようなメニューもある。

 大阪市内を一望できるホテル最上階からの眺望はもちろんのこと、版画家西脇光重氏による「ストロベリーサーカス」オリジナルアート作品やメリーゴーラウンドや観覧車が飾られるブッフェ台は、SNSでシェアしたくなるような仕掛けがいっぱい。さらにピエロや動物使いになりきったスタッフがお出迎えしてくれる。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース