記事詳細

【今からトレーニング】頭から足先まで自然と一体化 「ウオーキングに効くヨガ」で日常生活をカッコよく過ごそう (1/2ページ)

★おやじヨガ(2)

 おやじ世代の人が、今より少しカッコよく日常生活を過ごせるための「おやじヨガ」を紹介する2回目。今回は「ウオーキングに効くヨガ」。教えてくれるのはインド政府公認ヨガインストラクターでYoga World.Tokyo CEOの無藤智恵美さんだ。

 毎回、目的に合わせた「ポーズ」で体を鍛えて、「呼吸」と「瞑想」で心を鍛えるという3セットで教わる。瞑想にもいろいろな種類がある。今回は歩きながら行う。

 「歩きながらの瞑想も、座っているときと同じく自分の体の状態を最大限に感じながら行います。日常的に、自分の体の足先から頭まで集中してウオーキングできるようにしておけば、実際に歩くときに自然と一体化する意識が持てるようになり、よりリフレッシュ効果があります」と無藤さん。では、まずは足腰を鍛えるポーズから。

 <ポーズ>

 足を前に向けて肩幅に開いたら、両手を頭上に挙げて腰を落とす=写真〔1〕。膝は足先より前に出さない。目線は斜め上で、背筋はまっすぐ、上体は前にかぶらないようにする。

 <瞑想>

 今回は歩きながら行う。できれば目をつぶりたいが、体がフラつくなら一点を見つめて目を開けていてもいい。まずは一歩前に出した足に意識を集中。かかとが床に接地して、土踏まずから足指の付け根、足指が床に接したら、同時に反対側の足のかかとが上がってつま先がゆっくりと床から離れて前に出るという一連の動作を認識しながら歩く=同〔2〕。家で行うときには3歩くらいの距離を往復する。