記事詳細

【ED治療最前線】飲み薬無効でもペニスに自己注射で満足の勃起、世界約80カ国で認可の治療法 (1/2ページ)

★(4)

 ED治療薬(PDE5阻害薬)の有効率は70~80%。また、狭心症の薬(硝酸薬)を飲んでいると併用できない。ED治療薬が効かない、使えない場合、ED診療ガイドランが第2選択としているのが「ICI(海綿体注射)療法」だ。

 どんな治療法なのか。ICI療法の治療経験が豊富な「ファイトクリニック」(東京・新橋)の林雅之院長が説明する。

 「ペニスは、尿道の上側左右に陰茎海綿体があり、そこに血液が流入、充満して勃起が完成します。ICI療法は、セックスの直前に陰茎海綿体に血管拡張薬を注射して、ペニスへの血流を増大させる治療法です」

 通常の勃起は、ペニスの血管内皮細胞からNO(一酸化窒素)が放出され、サイクリックGMPという物質が産生されて血管が拡張する。NOの放出には“性的刺激(興奮)”が必要になる。一方、ICI療法はこれらのメカニズムとは関係なく、薬で強制的にペニスの血管を拡張させるので、性的刺激がなくても勃起するのが特徴だ。

 「重度の糖尿病や性欲低下(性的興奮が弱い)で、ED治療薬が無効な人でも9割以上の人に満足のいく勃起が得られます。また、脊髄損傷、直腸がんや前立腺がんの手術などで勃起神経が障害された人でも高い有効率が見込めます」

 しかし、飲み薬と違ってハードルが高いのは、ペニスに自己注射するということ。世界約80カ国で認可されている比較的ポピュラーな治療法だが、先進国では唯一、日本だけ承認されていないので患者と医師の自己責任で行われているのが現状だ。では、どのような手順で処方されるのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース