記事詳細

【中高年の婚活Q&A】同窓会は出会いの場になりうる? 一周回って恋仲に発展の可能性も

 【今週のギモン】同窓会は出会いの場になりうるか 

 【回答】一周回って恋仲に発展する可能性あり。気心知れた仲なら進展も早い

 東京都世田谷区のKさん(43)は、3年前に離婚を経験。すぐに気持ちを切り替え、婚活を始めた。

 最初こそ意気揚々と相談所や飲み屋、地域のサークルと思いつく限り足を運び、新しい出会いを探したがどうもしっくりこない。行き詰まり、次第に気がそがれ始めた頃、一通の手紙が届いた。

 「高校の同窓会のお知らせでした。とはいえ、もうみんないいトシで、それぞれ家庭もありますからね。いまさらそこでどうこうなろうという気はなく、ただ懐かしい顔を見に、参加することにしたんです」

 大した期待はしていないというものの、やはり当時片思いをしていた女性の登場には、気持ちが舞い上がる。老けたという感じはなく、トシを重ねたなりの魅力があったという。

 「しかも聞けば、向こうも離婚して今はフリーの身だというんです。これはチャンスとアプローチしてみることにしました」

 なるほど、20代~30代に結婚ラッシュがあり、同級生は婚活対象から外れてしまうが、40代~50代になると、今度は離婚するカップルが出てきて、対象に戻ってくるというわけだ。

 お互い素性をよく知る同級生なら、いまさらとりつくろう必要も、相手の裏を疑う必要もなく、気楽につきあえるとKさん。これが地元でのデートとなればすぐに噂がたってしまうが、土地が離れた者同士ならその心配もない。

 「お互いに一度結婚に失敗しているので大それたことは求めず、うまくいきそうな気がしますね」

 新たな出会いを求めるだけでなく、古き縁を訪ねてみるとチャンスが転がっているかもしれない。(深澤恭兵)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう