記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】真珠の湯が源泉「対馬グランドホテル」と対州黄金穴子が自慢「あなご亭」

★長崎県 対馬「対馬グランドホテル」真珠の湯源泉と対州黄金穴子の白焼き

 内閣府主催の「国境離島の体験ツアー」で訪れた長崎県対馬「対馬グランドホテル」の源泉は真珠の湯(たまのゆ)。PHは9.4、源泉温度は34.8度のアルカリ性単純温泉。対馬海峡を眼下に望む海望(かいぼう)の湯が心地良い。

 食事は石英斑岩の上で魚介を焼く「石焼」、さつまいものデンプンでできた「せん」で作ったプルプル麺「ろくべい」の地鶏スープ鍋など対馬のソウルフードが盛りだくさんだ。

 対馬産穴子の専門店「あなご亭」((電)0920・58・1662)。対州黄金(たいしゅうこがね)穴子が自慢。エビやイカのほかに深海イワシを餌にすることで、肉厚でしっかりと脂ののった個体になるという。

 「穴子白焼き定食」は、ねっとりと脂の乗り切った白焼きにたっぷりのわさびが相性良し。穴子のだし巻き卵、サラダ、漬物、汁に対馬加護地区産の加護米、もずく酢、デザートにコーヒーが付いて2000円。穴子は天ぷら、カツ、刺し身もうまい。 (一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■対馬グランドホテル 長崎県対馬市美津島町鶏知甲41の10。(電)0920・54・9100。平日2人1室1泊2食1万2000円。詳細は#国境の島たのしー、WEBで。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう