記事詳細

【今坂佳美 生活習慣病撃退レシピ】食物繊維が豊富な「サツマイモのポタージュ」 腸内環境を整える効果も

 今回のレシピは、年末に近づくにつれてついつい食べたくなるサツマイモを使ったポタージュです。サツマイモの栄養素で真っ先に思いつくのが食物繊維。特に不溶性食物繊維を多く含んでいるので、体の中の余分なコレステロールを排出し、腸内環境を整える効果があります。

 昔からよく「サツマイモを食べるとおならが出る」と言われますが、これも食物繊維が原因。おならとは、大腸で分解される際に発生するガスのことなのですが、食物繊維が多いものを食べると、分解時のガスの量が多くなるんです。ただ、人間は1日に10~20回はおならをするのが正常とされ、その回数が少なかったりすると腸内の働きが機能していない証拠かもしれません。そんな時はサツマイモを積極的に摂取するようにしてみましょう!

 食物繊維のほかにも、サツマイモにはビタミン類が意外と含まれており、強い抗酸化作用を持つビタミンCはイモ類の中でトップクラスですし、血流を改善してくれるビタミンEも入っています。生活習慣病撃退にもちゃんと見合った食材といえますね。

 【材料】 2人分
 サツマイモ 200グラム
 玉ねぎ 1/2個
 バター 10グラム
 水 250cc
 コンソメ顆粒 小さじ1
 牛乳 150cc
 黒すりごま 適量

 【作り方】
 1 サツマイモは皮をむいて1センチ輪切り、玉ねぎは薄切りする。
 2 鍋にバターを入れて1を炒め水とコンソメ顆粒を加えて約6分ふたをして煮る。
 3 ミキサーに牛乳を入れ、粗熱をとった2を加えてかき混ぜる。鍋に戻して温めなおし器に盛る。お好みで黒すりごまをかける。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。