記事詳細

gooの検索キーワードで振り返る2017 (1/3ページ)

★話題の人物・エンタメ・ニュースをそれぞれランキング化

 ~人物部門は『安室奈美恵』、エンタメ部門は『ドラクエ11』、ニュース部門『選挙』 が1位に~

 gooウェブ検索では、2017年の話題になったキーワードランキングを発表しました。

 ランキングは、芸能人・有名人・グループの人物部門、アニメ・ゲームのエンタメ部門、話題の出来事・イベント・言葉のニュース部門の3部門に分けて紹介し、「2017年検索キーワードランキング」では、ランク・インしたキーワードが含まれるもしくは一緒に検索された関連検索キーワードも合わせて紹介します。

 話題になったキーワードは、ユーザーからどのような視点で興味、関心を得られていたのでしょうか。

 ■人物部門

 1位 安室奈美恵 「ぱっつん」「息子」「アルバム」「youtube」「母親」

 2位 ブルゾンちえみ 「youtube」「メイク」「すっぴん画像」「マラソン」「体重」

 3位 竹内涼真 「妹」「大学」「里々佳」「ひよっこ」「謝罪」

  「」は関連検索キーワード。左からキーワードの検索数が多い順。

 人物部門の1位は『安室奈美恵』となりました。9月に芸能界を引退することを発表し、日本中に大きな衝撃が走りました。キーワードの検索数も引退宣言をした同月に大きく上昇。他の月と比べ、5~10倍の検索数がありました。一方で、関連検索キーワードは「ぱっつん」が1位に。ブルゾンちえみ風のぱっつん前髪のヘアカットをした自身の姿をFacebookに投稿し、8万を超えるいいね!が殺到するなど、ファンを中心に話題となったことが要因だと考えられます。

gooランキング
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース