記事詳細

【ロト6 どんピシャ予想】11年ぶりのレアケース、「20、30、40」そろい踏みが波乱呼ぶ  次回の本命数字は「3、30、41」 (1/2ページ)

 小さい順に連続数字が並んだ第1234回の抽せんは、「20、30、40」と回の下3桁「234」に呼応する数字が出て1等は該当なし。2億3000万円を超えるキャリーオーバーが発生した。6億円に達するにはもう1回の1等該当なしが必要か。

 次回予想はその「20、30、40」そろい踏みに注目。これは第34回、36回、316回に次いで、なんと11年ぶり4回目というレアケース。当然その翌回に出た数字が何だったかは興味津々だが、過去3回中2回本数字で出た数字が4つもあった。「3、5、30、41」がそれなのだが、前回の出目に当てはめると「30」は連発期待で、「41」は前回「40」からのプラス1出現期待で文句なしの本命に。

 残る2つのうち「3」は第1231回「1」→前々回「2」からの1回空きプラス1の流れに乗っており、こちらが本命数字の3個目。「5」も第1232回で出ており、出る雰囲気は十分だが、対抗数字止まりとする。対抗数字の2つめには、前々回「12」→前回「11」からのマイナス1の流れと、第1229回→1232回で出ていて2回空き出現の流れも重なる「10」を。3つめには前々回「29」→前回「30」からのプラス1の流れで「31」を推す。プラスマイナス1の流れではもう1つ、前々回「21」→前回「20」からの「19」というのもあるが、「31」が第1232回で出ているのに対し、「19」は第1228回以来ということで、勢いの差で「19」は単穴数字とする。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう