記事詳細

【今からトレーニング】体の軸を動かすヨガ「振り子のポーズ」がメタボに効く 面倒な人でも続けられる簡単ポーズ

★おやじヨガ(4)

 中高年のおやじ世代の人が今より少しカッコよくなるためのヨガ、「おやじヨガ」の4回目。今回はずばり、「メタボに効くヨガ」だ。教えてくれるのはインド政府公認ヨガインストラクターでYoga World.Tokyo CEOの無藤智恵美さん。毎回、ヨガを「ポーズ」「呼吸」「瞑想」の3つのセットで教わっている。

 <ポーズ>

 今回は「振り子のポーズ」。

 (1)足幅を広めにして、足から頭の先まで安定するようにしっかりと立つ=写真〔1〕。(2)体の軸が1本通っているのをイメージし、その軸をひねる感じで体を振り子のように動かす=同〔2〕〔3〕。(3)体の線が斜めになって上半身が揺れるのはNGだ。

 「体が重くて動かすのが面倒な人でも続けられる簡単なポーズです。力を抜かず、軸をしっかりさせることで体幹を鍛えます」

 <呼吸>

 鼻から息を吐くが、「フン」と音が出るくらい思いきり吐く。吸うときにはとくに気にせず、吐くときだけおなかの力を使って行う。回数は10回くらい。

 「この呼吸法は慣れてないと酸欠になって頭がぼーっとしてきますので、やりすぎに注意です。今回の振り子のポーズとセットで続けて行います。どちらも体幹の筋肉を使うので、いかにも痩せそうですよね」

 <瞑想>

 自分が痩せたら一番何をしたいのか想像する。例えば、スーツを格好よく着こなして女性とデートしたいとか、最近遊んでくれなくなった年頃の娘から『格好よくなった』とほめられたい、など。そのときの自分の気持ちを想像するのだ。

 「痩せたあとの自分がなりたい姿を想像しますが、そのときの気持ちまでも具体的にイメトレするのが効果的です。妄想に近いかもしれませんね。これを、寝る前に布団の中で行います」

 次回は「血圧に効くヨガ」を教わる。 (松本佳代子)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう