記事詳細

【外食・コンビニ健康法】疾病予防に効果的な成分が含まれるブロッコリースーパースプラウト 食べ方にポイントあり (1/2ページ)

 野菜を食べるメリットは、当連載で何度もお話しをしています。生活習慣病の予防はもちろん、低カロリーなのにボリュームを増すことができること、噛み応えを増やして満足度を上げることなどの効果があります。

 最近は、「ベジファースト」という言葉が浸透してきました。食事の初めに野菜を食べることです。最初に食物繊維の多い野菜を小鉢一杯分ぐらい、しっかり噛んで食べることで血糖値の急上昇を抑え、脂質の吸収を抑える働きが生まれます。

 噛むことは、消化を助けるだけでなく、内臓脂肪を減らし、ストレスを軽減することもわかってきています。食事について何も変えらえないという方は、せめて最初に野菜を食べる意識を持ちましょう。

 外食の際は、サラダを追加するなど野菜の小鉢を1つ頼むだけでも、ベジファーストは実践できます。コンビニやスーパーで食事を買うことが多い方は、調理をしなくても、オフィスでそのまま食べられる野菜がいいでしょう。

 最近、おすすめの簡単野菜に『ブロッコリースーパースプラウト』(50グラムパックを198円+税で購入)があります。ブロッコリーの新芽で、ふわふわとした見た目とシャキシャキの食感が魅力的です。

 注目したいのは栄養価です。ブロッコリースーパースプラウトで注目されている成分「スルフォラファン」には強い抗酸化作用、解毒作用、抗炎症作用があるといわれ、疾病予防に効果的として注目されています。

 最近は、便通改善や肝機能改善も発表されています。そのスルフォラファンが成長したブロッコリーの20倍以上も新芽に含まれています。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう