記事詳細

髪は毎日洗わないとダメ? (1/3ページ)

 ショートヘアやミディアムヘアでは癖が出てしまう。そんな理由で髪を伸ばしている女子もいるのではないか。そんな縮毛矯正が欠かせないロングヘア女子にとって、毎日髪を洗うのはとっても大変。消費するシャンプーの量もばかにならない上に、髪を乾かすのにも時間がかかる。それこそ仕事で遅くなり、疲れきって帰宅した日のシャンプーはかなり億劫なもの。「一日ぐらいさぼっても……」と考える女子もいるかもしれないが、実際一日髪を洗わないと、髪、地肌にとってどれだけマイナスなのだろう? 気になったので美容師、毛髪診断士である齊藤あきさんに話を聞いてみた。

 ■髪を洗うのは、2日に1回でもよい!?

 「髪は、必ず毎日洗わないといけないわけではありません。年齢と共に皮脂量も低下してくる(30代を過ぎると特に低下し、乾燥しやすくなる)ので、洗浄力の強いシャンプー剤での洗いすぎは、頭皮の負担となる場合があります。洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎると皮脂を過剰に取り過ぎてしまい、頭皮が乾燥し、かゆみや髪のパサつきの原因にもなります」(齊藤さん)

 髪を毎日洗うかどうかは、年齢や肌質、季節やライフスタイルなどで変わってくる。必ずしも毎日洗わないことに後ろめたさを感じなくてもいいのだ!

 「乾燥することで皮脂分泌が過剰になり、余計に毛穴に皮脂が詰まりやすくなる場合もあります。きちんと洗っているはずなのに、頭皮がべたつきやすい方は洗いすぎが原因かもしれません。頭皮が乾燥しやすい方(肌が乾燥しやすい人は、頭皮も乾燥しやすい)、冬場など汗をかきにくい季節は2日に一回でもよいでしょう。シャンプーをしない日は、ブラッシングをしてお湯で洗い流すだけでもある程度汚れは落ちます」(齊藤さん)

 これはシャンプーが億劫になっている女子には朗報ではないか。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

人気Q&A