記事詳細

【ベストセラー健康法】患者と医師に横たわる「温度差」 誤解や認識不足も…「医療」の限界を知り治療を受ける (1/2ページ)

 「夢の薬」と称賛される新薬が続々開発され、一方では「神の手」と崇められる超絶技巧を駆使した外科施術もたびたびメディアで取り上げられる。世界の中でもトップクラスと言われる高い技術を持つ日本の医療だが、それでも不満を抱える医療消費者は後を絶たない。

 その根底には、医師や医療従事者と患者側の「温度差」が横たわっていることは紛れもない事実だ。

 なぜ温度差が生じるのか-。もちろん医療者側と患者側の双方に問題はあるのだが、ならば「患者側の問題」だけでも解消しておけば、それだけ「満足のいく医療」を受けられる可能性は高まるはずだ。

 『病気を引き寄せる患者には理由がある。』(北條元治著、イースト・プレス刊)は、まさにそうした「医療に対する患者側の誤解や認識不足」を指摘し、正してくれる一冊だ。

 著者は形成外科医として臨床実績を重ねたのち、細胞保管や医療技術の支援を行う企業を設立し、現在は経営者としての顔を持つ医学博士。

 これまで『医者が家族だけにはすすめないこと』(セブン&アイ出版刊)など、多くの著書で、患者目線の医療情報の発信に力を入れてきた。

 本書では、患者が無駄に医療者と対立するのではなく、両者が同じ方向を向き、効率的な医療が実践されるために、患者として持っておきたい心得を、医師だからこそわかる視点で語っている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう